エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

長らくご無沙汰しました

ワーーォ 暮れも新年もフル活動、気が付けば庭のハーブたちも春の準備をしています。

今月の農業共済新聞の原稿は「ポプリ」がテーマでした白いバスケットへ入れたピンクの濃淡で仕上げた”オールドローズ”のポプリを写真に使いましたが、取り置きさえ良ければポプリの世界も素敵です。左はラベンダーのポプリですが目いっぱい贅沢なしつらえで、さむい時期も心満たされます。

 

昨日は四谷でフラワーデザインの方の用事を済ませ、市ヶ谷に「弁理士」さんとの打ち合わせに回りました。

二つすごいことが起きました。

一つは久しぶりの市ヶ谷から日本テレビ通り、昔懐かしい気がして”きょろきょろ”見ながら進んでゆくうち右のビルの2回の隅に「ヘルシー館」と言う名前が・・・エェ!うそ。昔お付き合いのあったの素敵な女性を思い出しました。

20年以上も前、原宿にお店をお持ちだった、美しいヘルシー館のオーナーが、当時珍しかったハーブのクラフト(オレンジポマンダー等)私の作ったものをたくさん買ってくださいました。

市ヶ谷にお移りになってからも伺いました。有名人達も大勢ごひいきにしていましたし、雑誌にも良紹介されていました。本当に懐かしくて・・・・

気になって、帰りがけにお寄りしたら、オーナーはお留守でしたが、やはり彼女の様です。すごい!ぜひ又お食事をしに伺いたいと名刺をおいて帰宅しました。多分今日は驚きのお電話があるでしょう。

 

もう一つは弁理士さんから、あらゆるものに、「エデイブルフラワーは小松美枝子の商標です」と明記するように言われました。さあ作業は忙しいスタートです。