エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

秒読みの時間をこなしています。

New Book の制作にかかっています。

通常の仕事をこなしながら、ガーデン見学のお客様を迎えたり、キングの種を通関させたり、その上新刊の制作に入り、秒読みの時間をこなしています。

左は、少し疲れた、ポットマリーゴールド!(キンセンカ)日本では仏様の花と言われていたものが、エデイブルフラワーを紹介してから加熱しても鮮やかな色がとどまり沢山の機能性を持っていて、とても人気品目になっています。

ハーブを勉強されている方々はご存知ですが・・・この広がりは”びっくり

 

New Bookの制作に入っています。日本に最初に紹介した、小松美枝子がさらに磨きがかかった、美しいレシピの数々と、図鑑を紹介します。

夏休み明けには予約受け付け始めます。

どうぞお楽しみに(紙面をご紹介できないのが残念)

合間を見て進行をお知らせいたします。 Mieko