エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

新年は今年も、私のおせち料理で・・

伊豆高原「ミエコズガーデン」集合で年の初めを迎え、1月は殆ど休みなく?東京→伊豆と車で行ったり来たり、

毎年1.2月は農林水産省、特殊農産物協会、主催の勉強会で仕事のスタート、マスコミ、企業、生産者、役所関係、マイスターも農閑期を選んでの集いです。国の機関のしっかりしたデータ―と主力生産地の生育状態の報告があります。今年は、ネギと山ブドウ、素晴らしい機能性と、その裏付け報告に改めて価値を見出しています。

2016年2月 (写真は私の作品・カリキュラムの応用です)

今月のお教室は共通ハーブの勉強+クラスそれぞれの実習です。ヨーロッパの歴史あるクラフトを「バレンタインバージョンで」又今年のチョコレート戦線で高くて買えなかったと報告のあった、ドライフルーツを、面倒なテンパリングではなく裏技で、コーティング!!甘いプレゼントを仕上げました、使ったフルーツは。~♪ デーツ(なつめ)、ミカン、桃、アンズ、白イチジク、トマト、キーウイ(カット・ベビー丸)、クランベリー、紅イモ、メロン、パイン、オレンジピール、ミント(葉)等 ~♪ 

初等科は「ハーバリストのバレンタインはキャロブで」初めて使うチョコレートと同じ色と味を持つ不思議な豆に大興奮!!