2019年:ハロウイン、サンクスギビングディー、クリスマス。等には、ターキーの料理は欠かせないものです。美味しくつくりましょう。

2019残暑お見舞い申し上げます。

暑い太陽の元、鮮やかに咲く花はパワーを感じます。

中庭のテーブルの上に置いてみました。料理ばかりでなくブーケも似合います。

ミエコズガーデンオリジナル「エデイブルフラワーティー」の3品のうちの一つ”ローズガーデン”です。元気が出て美しくなれるバラ達のミックス。金色のお茶です。

人気のバタフライピー、美しいブルーの花は抗酸化作用がありアンチエイジングの味方です。

MGではティー、をはじめ「種」も発売、簡単に育てられて、収穫の後は次のシーズンの種も取れます

エデイブルフラワーのフレッシュパックです。季節によって内容は違いますが、料理を美味しく華やかにしてくれる最高の素材です。

使い始めたら病みつきになりまる事請け合いです。

エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

一日も一時間も無駄にできない状態

気が付いたら11月、寒くても仕方がないか!と冬支度。こんな時だから協力していただきたいの思いで、テレビの取材を受けた!庭は入れ替えの時でいまいちだが、キャロブの花もずっしりついているし、バタフライピーも凍えそうになりながら花をつけている。カナダからの野生のシクラメンも、地上数センチの所に細かい花を咲かしている。ほとんどの植物によっては寒さも必要です。★新聞の連載も今月は”サフラン”これがびっくり、地方で小屋の中で、土も水も使わない栽培を見て、私もトライ・・「びっくりポン」NHKのパクリ:お見せしましょう。水曜日は取材、木曜日早朝から東京へ3日間、気を抜いている暇はない。どこかでライフスタイル変えなくちゃ(^v^)・・・ね。