エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

つづき

数日前一本の電話を受けました。以前お仕事をした事のある、「JCFA 一般財団法人日本切花協会」の社長からでした。来春の仕事の依頼です。打ち合わせに17日に見えるという事です。日本切り花協会は、平成20年(2008年)に講演と料理の実習を東京と横浜で行いました。受講生の、参加費は¥38,000(私のギャラは関係ありませんが)私はいつものようにⓒ Mieko’s Garden無断転載禁ずを明記して、かなりの量のテキストを使いました。今、ネットで切り花協会をチェックすると、教室の紹介写真や、実習の「フローラルマフィン」その他の内容も私のテキストを使い、1回の講習で「エデイブルフラワーコーディネーター」の認定証を出しているようです。私に断りはなく”7年間”営業に使用している?。お行儀が悪いですね、皆さんに楽しんでいただくのは嬉しいですが、お仕事いただくと、レシピもノウハウも置いて行かせ、自社の物にする・・・ひどいスポンサーです。ブログ10日の新入生もここの資格を取ったようで、真剣に勉強したい人にも気の毒です。エデイブルフラワーは数千年の歴史のあるものです。(まもなくテキストは手に入ります)

★社長はその当時の社長ではないという事ですから、言い逃れをなさるか、私の情報を調べて怖くなって、お見えにならないかですね。お楽しみに

「特定非営利活動法人:日本切花装飾普及協会」も同じでしょうか?ネットで同じ募集をしています。