エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

少しワインを飲んでいます

茨木県常総市の救出状況を見ながら、「ガンバレー」「もうひと息」とエールを送りながら、明日の教室の準備をしています。心ぐしゃぐしゃ、胸はギュッと苦しくなりながら、「阪神淡路の震災」の時も「ニュージーランドのクライストチヤーチ」の時も「東日本大震災も」やっとつながった現地と、心を一つにして、出来ることに夢中で行動してきましたが・・・自然には勝てない、うーーーん言葉も詰まります・・人間なんて微々たる存在ですね!

ここ最近納得できない事が続いてモヤモヤしていましたが、所詮、生命体は土にかえるまで・・・なんてチョッピリ、さとりを開いている??私です。 モヤモヤの原因をお教えしましょうね!!

 

左の写真は世界で初めてエデイブルフラワーを出荷し始めた、アメリカロスアンゼルス・「パラダイスファーム」の当時のカタログです、ここからイギリスの「ハロッズ」を始め世界各地に送られ、今、世界中に花を食べる事が広がっているのです。

ラッキーなことにいち早くこの事を知った私は早速現地を訪れ、毒性や栄養価についても調べ準備に時間をかけて、日本で初めて新宿のセンチュリーハイアットで素晴らしいイベントを持ちました、今も情報と研究を重ね、国、内外様々な所で、講演、料理指導をさせていただいています。

先月、知らない女性の方から電話がありました。大学を出て、地方からエデイブルフラワーの勉強をしたくて、東京で「ハーブ&エディブルフラワー コーディネーター」という資格を取ったのですが、先生に質問しても「ここまでしかお教えしません」という事で行き詰まり、調べ調べて、私が一人者という事が解り、教えを受けたいと連絡がきました。色々お話を伺ってみると、意志は固いようなので、町田の教室でお受けしました。1日でコーデイネーターの資格を出すなんて???  つづく