エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

2014年12月24日”クリスマスイブ”

クリスマスイブ、忙しさは続いています。明日は湯河原へ、10人ほどのクリスマスパーテーのケータリングをお引き受けしたので。これから注文しておいた鶏や野菜の仕込みに行きます、楽しい仕事です、明日の午後2時ごろまでにすべてを仕上げ、伊豆高原を出発!喜んでいただけるように・・・。

今年はもうひとつ、27日クラフトの指導、後は、お掃除と、正月飾り、おせち作り、頑張れ――

釣りのおすそわけ、52cmもある”鯛”とピンピンの”糸より”が届いた早速、鯛は三枚に下ろし、味噌漬けと昆布締めに兜煮も美味しかったし、糸よりも優しい身を生かして特別な衣でカラッと揚げたり、ムニエルにしたり・・・いずれも最高、


続いて、自然薯、ケーキ、小倉屋の佃煮等、季節のご挨拶が届く。皆さまありがとう、嬉しいです。