エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

小雨時々晴れ:バラ・祭り・仮装??ヘトヘトの一日

10月31日伊豆ガーデニングクラブのメンバーと川崎市多摩区、生田緑地のローズガーデンを訪問。かつて小田急電鉄が経営していた,向ケ丘遊園の一角にあったローズガーデンを川崎市が譲り受け春と秋に一般公開している。

私にとってはオールドローズの本の執筆をしながらローズの選定の腕を上げるため通った場所、バラ用の皮の手袋と鋏をいただいて、沢山の剪定をこなした。ロイヤルコーナーや原種の植え込み、ショップの位置などはそのままだったが、大きな池や丘の上の見事な修景バラはなくなっていた。

山間のゆったりした恵まれた場所pにあるガーデンは、別天地でやさしい魅力にあふれ、静かにゆとりの時が流れていました。見学食事と楽しみ、ローズガーデンから民家園へ回る?私は何度も見学しているので、ここで失礼し、向ヶ丘遊園の駅から経堂の「農大の収穫祭」へ・・・